• お問い合わせはこちら
  • 04-7120-6667

後援会
Society in support

目的と趣旨

「いちいの会」は平成11年7月26日に千葉県から社会福祉法人として正式に認可されました。自閉症児をもち,子の療育方針を共有し,子の行く末を案じた親たちが集い,十数年の紆余曲折を経て,発起人会を設立しました。時を移さず平成9年に当時の法人設立条件である自前の土地を関宿町に取得することができました。その後,資金および施設の両面から様々な準備を重ね,申請書類を作成する段階となり,地域に融合し愛されることを願い,関宿町の町木イチイを会の名称としました。
思い描いていた施設を実現するためにも財政基盤をより強固なものにしようと「くすのき苑」開設前の平成12年4月に,発起人周辺の個人・法人で構成された後援会が設立されました。今日まで利用者へのより良いサービスの提供,職員の労働環境整備など法人の運営に寄与してきましたが,これもひとえに皆様のご後援のおかげと感謝いたしております。
現在,くすのき祭や環境整備など直接利用者にかかわる支援を行う,くすのき苑・グループホーム・ワークショップの利用者の保護者らで構成される家族会と,施設・備品等の整備を通じて財政支援を行う後援会とが,車の両輪として法人を側面から支えています。 これまで,後援会では皆様からお預かりした寄付金を法人からの要請に基づき援助してきましたが,後援会も間もなく一つの区切りである設立20年を迎えます。福祉を取巻く社会環境は設立当初と大きく様変わりしました。くすのき苑が入所更生施設から障害者支援施設にと区分名称が変更されただけでなく,利用者との関係も措置制度から契約制度にと制度変更もありました。さらに,利用者の多様化,高齢化が著しく進み,それにともなう支援の高度化も不可欠になりつつあり,財政的負担が増しております。家族会との連携を密にし,無駄のない援助を行う必要があると考えております。
今後とも,皆様のご理解とご支援を心からお願い申し上げます。なお,確定申告の際の寄付金控除については,後援会事務局へご相談下さい。

後援会長 望月 雅文

後援会だより

後援会だよりをPDFで見ることができます。

H26年6月吉日号
H26年1月吉日号
H25年6月吉日号

会員数

会員は現在450名ほどで、広く全国からご支援頂いております。

会費

賛助会員 1口 5,000円

正会員  1口 30,000円

一時寄附も多少にかかわらず歓迎いたします。

振込先

社会福祉法人 いちいの会後援会
郵便振替口座  番号  00180-1-547071

アクセス

〒270-0222
千葉県野田市木間ケ瀬3121
TEL:04-7120-6667
FAX:04-7120-6668
E-mail:kusunokien@nifty.com

ページの上部へ